ぐんまのお土産 G FACEの バナナケイク

          ジーフェイスの バナナケイク を食べていただけましたか
           只今、”G FACEバナナケイク ”が人気沸騰中です。                  
おやつとしてだけでなく、
朝食にカフェオレと合わせていただくのもおすすめ。
手軽にしっかり栄養が取れるので忙しい朝にピッタリ!
職場などへの差し入れやちょっとしたお持たせにも
お手軽なお値段で大好評です。
また、滋養豊富で誰でも好きなやさしいお味ですので
お見舞いにも喜ばれます。

地方発送もできますのでお祝いのお返しなどにもお使い下さい。
手作りのやさしいお味の "G FACE バナナケイク " まずはご賞味あれ
     1つ¥216  1ホール(17径)¥2160(送料別)
ジーフェイスカフェでは他にもおいしいスウィーツをご用意してSHOPでご案内しています。
 

裏メニューでお待ちいたします。

イタリアン・フレンチ・ワインにシャンパン・フォアグラ・トリュフにチョコレート・ ・ ・
B級グルメがあふれている昨今の日本の食事情でありますが、
近頃では若い娘さん達がなんと『もつ煮』など好まれているようでございます。
元来労働者の食い物的存在であった哀愁ただよう『もつ煮』でございます。
昭和20年代生まれの私といたしましても、もつ煮=浅草・カウンター・
コップ酒的絵柄が脳裏を横切ったわけで、
お洒落なレストランで食するものとはほど遠い感がいたしておりました。
もちろん私にとりましても大変お世話になった料理の一つであります。

ところがなんと、ハイヒールにへそ出しの若いお嬢様方のその豊かな感性と
貪欲なまでのグルメ志向が、そして新しいものへの敏感なアンテナと、
とどまるところを知らぬ食への欲求が新しい時代のもつ煮を、いやその
郷愁さえもファッションとして実に素直に受け入れられていたのでございます。

そこで私共の、こちらは本物の哀愁ただようおじさんコックではありますが
お嬢様方のハートをくすぐる一品 “上州ペンネ” を創り上げこれが又
見事にも受けているのでございます。
「畜産王国・群馬」だからこそ手に入る新鮮な『もつ』を、
イタリアの技とおじさん的叡智で究極のパスタ料理へと昇華させた
もつ煮の新しい形 “上州ペンネ” とにかく美味い! 
おいしいのでございます。
そのとろけるような味わい・・・どこか懐かしい香り・・・
是非一度ご賞味あれ! と申しましても新鮮なもつが手に入った時にしか
お作りいたしませんのであくまで裏メニューでございます。
ラッキーな方のみがその極上の逸品に出会えるのでございます。
まずは内緒で食べにいらしてみませんか・・・・・
以上 幻のパスタ “上州ペンネ” のお話でございます。

G FACE restaurant & cafe   027−243−1586


イギリスの キドニーパイ のお話

内臓料理のお話 第3段 は海を渡ってイギリスへ。

庶民の大好きなキドニーパイは昔からある内臓料理の一つです。
キドニー(腎臓)と野菜を煮込んでパイで包んだもので、熱々の焼きたてはもう最高!    サクサクのパイととろけるフィリングが何ともいえません。 
また、ホットポットはレバーとラムとじゃが芋を重ねて焼いた家庭料理で、
臭みをとるために入れる ローズマリーが絶妙の味わいをかもし出します。
コーンウォール地方の餃子のような可愛いコーニッシュパスティ(パイ)
の中にも細かくきざんだレバーをお肉とまぜて入れることもあります。 
ヨーロッパでは、いつも身近にある内臓料理。 栄養もたっぷりでみんな大好きです。

ジィーフェイスカフェのパーティー料理にはこの様な気どりのない、とても美味しい料理を
ご用意できます。
でも 新鮮な素材がある時に限ります。      ぜひご予約下さい。

TEL&FAX 027-243-1586 IP 050-3339-9964

夏の洋食   HOT PLATE  フェア

今日は久しぶりに陽がさす朝です。梅雨あけも間近ですか?ね。
気分的に‘梅雨’している人 湿度の高さで食欲のない方 
いよいよ本格的な夏到来ですよ。
体力を落とさないためにも、暑い時こそ体の為にしっかり食べる・・・  それには何といっても香辛料の力を借りるのが一番です。

群馬會舘食堂ではこの時期だけの特別メニューをご用意しています。
  黒胡椒ビフテキカレー (上州牛をさわやかな辛さで)  ¥2100
  夏野菜ゴロゴロカレー (ヘルシーな具沢山カレー)  ¥1365




ドライドライピラフ(自家製ドライトマト入りカレー風味ピラフ)¥1050
     ゆず胡椒グリルチキン(さっぱりピリットゆずの香り) ¥1365
 サルサポークソテー&ライス(フレッシュな野菜の辛ソースで) ¥1365
    海老のホットスープ(海老とレモングラスのハーモニー) ¥630

     『夏の洋食 HOT PLATE フェア』 は
ただ辛いのではなく、バランス良く香辛料を使い美味しく健康的に
食べられるよう工夫しました。
冷たいものばかりに目を奪われがちなこの季節、
体に優しいお料理で体力 UPを!!


  

内臓料理 のお話し

先日 《イタリア ホルモン料理》 で “トリッパ” について掲載しましがお話の続きです。

見た目がちょっとグロテスクなものもあるので、内臓料理は若い女性には
嫌われがちですが、実は女性にはとても強い味方なんです。
この “トリッパ”牛の胃袋 はタンパク質が多くて脂肪が少ないため
とてもヘルシーなんです。



又 フェーガト(肝臓)や ロニョーレ(腎臓)は女性に必要な鉄分やビタミンがたっぷり。
達人の手にかかれば臭みなどの嫌われる要素もなくなり、きっと「え!、こんなに美味しかったの?」と思われるはずです。
イタリア ホルモン料理で花の都 フィレンツェ の女性達のように、
ステキに美しくなりましょう。




イタリア ホルモン料理

『イタリアン・レストランでは無いのにイタリアン・レストランより美味しいイタリアンが
食べられる カフェ ですね。』
横浜から県庁に仕事でこられた方々、東京から引っ越してこられたご夫婦、
などからこんな言葉をいただきました。
召し上がったのは、
 アンティパスト ・ パスタ ・ そしてメインは内蔵料理 “トリッパ”!! 
誰もが好きとはまだまだ言えない一品・・・ と思われがちなお料理ですが、私共では良くおつくりする逸品です。

ヨーロッパでは内臓料理は庶民の味,おふくろの味として古くから親しまれてきましたが、
今ではレストランの高級メニューになりました。
新鮮な素材を料理人達が腕によりをかけ、手間ひまかけて美味しい一皿に仕上げます。

群馬県は養豚が盛んな事は良く知られていますが、
牛肉の生産も盛んな為に新鮮な牛ホルモンが手に入るんです!!
この様な地の利を知り尽くした ジィーフェイスの達人は、
かつて フィレンツェ・サバティーニ(イタリア)におりましたので、
名物 “トリッパ”牛胃袋のトマト煮込み は得意中の得意!!
ぜひ一度おためしあれ!                       ボナペティート!!